仕事しすぎな人は高血圧に注意・ごまの効果

最高血圧130mmHg未満、最低血圧85mmHg未満ならば、血圧は正常値です。
これはあくまでこの数値で健康的な人の割合が高いというだけであって、基準値だからといって安心してはいけません。特に気をつけたいのが、ギリギリ基準値だった人です。
仕事が忙しい時期に入って体を気遣う暇がなくなると、高血圧になってしまう可能性もあります。仕事が忙しいと、ストレスが溜まって心拍数が多くなり、血圧が上昇します。それが慢性的になれば血圧が正常値に戻りにくくなります。
また、仕事のストレス発散のためにアルコールをたくさん飲む、塩辛いものをたくさん食べる、などの生活を繰り返していれば、すぐに高血圧に入ってしまいます。
たとえ前回の健康診断の結果で正常値だったとしても、ちょっとしたきっかけで血圧が上がる可能性はあるので気をつけましょう。
血圧を下げる食べ物としては、ごまがあります。ごまには抗酸化作用、血圧降下作用があると言われています。ごまは脂質が多い食べ物ですが、その脂質はリノール酸、オレイン酸などのコレステロールを除去する働きがあります。これにより増えすぎて動脈硬化を引き起こす原因となるLDLコレステロールを除去してくれます。
特に良いと言われているのが、オレイン酸です。これはHDLコレステロールを残し、動脈硬化の原因となるLDLコレステロールだけを排除してくれます。
リノール酸は摂りすぎるとHDLコレステロールまで排出してしまい、細胞やホルモンの生成を阻害してしまう可能性があります。また、リノール酸はアレルギーを発症する人もいるので注意が必要です。
高血圧に油は逆効果なイメージがしますが、良質なごまの油であれば、かえって血圧を降下させるのに役立ちます。